街を歩いていて、壁に残された家の痕跡に出会うことがあります。
痕跡によって「ない」ということを語る壁面を見つけると、
遺跡を発見したような気持ちになります。
私はそれをlost house と名付け、そういった物件を探しています。
街は常に変化を続けています。突然出来た空き地にかつて何が建っていたか思い出せないこともよくあります。
lost houseですら、やがて鑑賞できなくなってしまう一期一会の出会いです。